お部屋に飾るグリーンはフェイクが良いのか

>

店舗の場合は置き場所によって本物とフェイクを使い分ける

出入り口は本物の観葉植物がお勧め

店舗に観葉植物を置く場合、最も目につきやすい出入り口は外せません。
ここに観葉植物があるかないかで入店率も変わってくると言われているので、これからお店をオープンされる方も、すでにオープンから時間が経っている方も、出入り口に観葉植物を置くことはお勧め出来ます。
そしてこの際に置く観葉植物は、本物の方が良いでしょう。
出入り口はお店の顔でもありますし、入店までは行かなくても道ゆく人達によく見られる場所なので、そこは本物の方が印象は良くなると思います。
お店の前に飾るならお花の方が華やかで良いのでは?と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、お花はあまり長持ちしないので、買い替えにコストがかかってしまうのです。
その点観葉植物は長持ちするので、最初の購入コストはかかりますが、長期的に見ればお得だと言えます。

トイレや棚の上などはフェイクで

店内に観葉植物を置く場合、出窓や壁際など人の目につきやすいところは本物を置いた方が印象は良いと思います。
ただ、お手入れが大変なので、レンタルを利用すると良いかもしれません。レンタルであれば、お店の雰囲気に合った観葉植物を業者さんに選んでもらえますし、お手入れも業者さんにお任せ出来るのでお勧めです。月額制なのでコストもそれほどかかりません。
しかし店内の観葉植物全てをレンタルとなると流石にコストがかかるので、棚の上などお客様が間近で見ないところはフェイクを飾ると良いのではないでしょうか。
また、トイレは基本的にフェイクを置くお店が多いので、可愛らしい印象のフェイクを置いて、癒し空間を作ると良いのではないかと思います。