お部屋に飾るグリーンはフェイクが良いのか

>

本物の観葉植物のメリットやデメリットについて

本物の観葉植物のメリットとは

本物の緑を使っている観葉植物は、やはりその見た目がみずみずしく人に活力を与えてくれるものと言えるでしょう。
自然の緑には癒やし効果があり、空気を浄化してくれる作用もあると言われています。精神的にも肉体的にも疲弊している時でも、観葉植物を見ると何だか元気が出てくるような気分になるのは不思議なものです。
水やりなどの世話が必要で、注意していないと枯れてくることもあるので気が抜けませんが、成長の過程を見ることが出来るのは、喜ばしいことだと思います。
窓枠にちょこんとおけるような小ぶりのものから、窓辺や出窓、お部屋の壁際など、置き場所をあまり選ばずに、インテリアとして気軽に取り入れることが出来ることもメリットの一つだと思います。

本物を使うことに向いている人いない人

本物の観葉植物の素晴らしさは今まで述べてきたとおりですが、生活スタイルによっては本物を育てることには向いていない人もいるということは事実です。
日中はお仕事などで留守にしがちな人は、あまりマメにお手入れをすることが難しいので、そういう人にはフェイクグリーンのほうが向いていると言えるでしょう。
反対に、日中も家にいて、観葉植物のお手入れをすることが好きな人は、本物のほうがやりがいもありますし、何より見た目が良いので、本物を飾ったほうが良いと言えます。
本物の観葉植物は、日当たりや部屋の温度など、気をつけなければならない点が数多くあります。
しかし、購入した当時の写真を撮っておいて、半年後くらいに見比べてみると、その成長が目に見えて分かるので、喜びも大きいのではないでしょうか。