冠婚葬祭の意味するところとは

結婚式参列の時のタブー

結婚式の主役は花嫁&花婿さんです。
式に参列、あるいは、披露宴に出席する時、親族であっても、友人であっても、注意しなければならないことは、主役である花嫁よりも目立つような服装、アクセサリーを身に着けることを避ける、ということです。
華美な、キラキラするアクセサリーや、大きなものは、避けるべきでしょう。
ただし、夜に行わる場合は、少々華やかなアクセサリーはOKです。
色でいえば、花嫁さんの色である「白」はタブーです。
色は白でも、パールのアクセサリーはOKです。
また、アクセサリーは身に着けず、時計を付けるのが習慣になっている方もいらっしゃると思いますが、フォーマルな場で時計はタブーなんです。
時計を見るしぐさは時間を気にしている印象になり、主催者や集まった方々に対して失礼になってしまうためです。

結婚式にふさわしいのは

アクセサリーについていえば、パールを選べばほぼ間違いはありません。
輝く石のアクセサリーならば小ぶりの石のもので、華奢なデザインのものであれば問題いないでしょう。
パールを選んだとしても、黒い服装に合わせた場合、お葬式を連想させてしまう可能性がありますから、輝度のあるすこし大き目のアクセサリーを合わせると、お祝いらしい華やかな印象になるでしょう。
シンプルな服装には華やかなもの、華やかな服装ならばアクセサリーは控え目なものを選ぶようにしてバランスをとると良いでしょう。
和装の場合はアクセサリーはつけないことがマナーとされています。
身に着ける場合は結婚指輪(婚約指輪)、ピアス(イヤリング)程度にとどめておくと無難です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る