葬儀に参列する時のマナー

葬儀の際に避けたいアクセサリー

西洋でのお葬式では「モーニングジュエリー」という文化があり、葬儀の際にアクセサリーを身に着けないことはマナー違反とされているそうです。
ですが、日本の場合はそのような決まりはありません。
洋装の喪服であっても、必ずしもアクセサリーをつけなければならない、という決まりはありません。
身に着けない、という選択肢もありなんです。
身に着ける際の選択としては、結婚式同様パールが安心です。
ただし、パールといっても色や形が様々です。
ピンク系やオレンジ系の色味のものは葬儀には不向きです。
また、ドロップ型やバロック型、極端に大粒だったり小粒だったりするものは、どうしてもカジュアルな感じになるので、避けた方がよいでしょう。

葬儀にそぐっているのは

身に着けるものについて、葬儀の際のマナーにそぐわないかも、という心配があるような場合は、身に着けない、というのも一つの方法です。
葬儀については、参列される方が非常に多いため、中には厳格な目で見る方もいらっしゃるかもしれません。
結婚式の際は、ダイヤモンドが施された婚約指輪も良しとされていますが、葬儀の席では外されてから参列されるのが無難です。
ネックレスを身に着けるならパールが良いでしょう。
パールには「涙の象徴」という面もあり、故人を悼む意味合いもあります。
粒の大きさは7~8mmのオーソドックスな球形、色は白またはグレーや黒といった落ち着いた色味のものにとどめておきます。
真珠以外であればオニキスやジェット(木の化石)といった黒い宝石が好まれます。
また、結婚式同様和装の際は身に着けないのが基本です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る